朝から夜にかけて食事量を減らすダイエットの鉄則

ダイエットを成功させるためには、食生活の改善が重要なカギとなります。そして食生活で大切なことが『食べる時間帯による食事量』です。一般的な食生活の場合、朝から夜にかけて食事量が多くなっていると思います。しかし、これはダイエットにはよくない食事の摂り方なのです。

時間帯が遅くなるほど、食べた物が体脂肪として蓄積されやすくなるので、ダイエットでは朝から夜にかけて食事量を減らすのが鉄則なのです。

朝(大)昼(中)夜(小)と朝から夜にかけてカロリー量を減らす 3・2・1の食事バランスがダイエットに効果的です。

同じカロリー量でも食べ方でダイエット効果が変わる!

ダイエットの食事

朝はたくさん食べてもエネルギーとして使われるので体脂肪として蓄積されにくいのです。逆に夜はエネルギー消費が低下するので、体脂肪として蓄積されやすいのです。

太りにくい食生活を送るためにも、朝大・夜小のダイエットの鉄則を守って食事するようにしましょう。

ワンポイント
朝食べるのが苦手な方は、朝:昼:晩 2:3:1のバランスで食事を摂るようにしてください。

ダイエットランキング

ダイエットクッキー

マイクロダイエット

青汁

エクササイズマシーン

エステ

運営者情報 お問合せ リンク集

rss

FX入門