炭水化物を減らしすぎると逆効果

炭水化物はダイエットで目の敵とされがちな栄養素ですが、これは大きな間違いです。ダイエットをする多くの人が、炭水化物を減らそうとするのですが、これは逆効果なのです。

痩せにくくなり、リバウンドを引き起こす要因

炭水化物を減らしすぎたら、逆に痩せにくくなり、リバウンドを引き起こす要因となります。

なぜかと言いますと、炭水化物は人間のエネルギー源。炭水化物の摂取量が少ないとエネルギー不足となり、基礎代謝が極端に低下してしまうからです。

基礎代謝の低下しているので食事を普通に戻したら・・・リバウンドがいっきに襲ってきます。

炭水化物を減らしすぎると"太りやすい状態"になる

炭水化物を多く含む食品は白米やパンなど主食となるものがおおく、簡単に食べる量を減らすことができます。

確かに炭水化物を極端に減らせば簡単に体重を落とすことはできます。しかしこれは筋肉量が落ちているだけであり、体脂肪はほとんど減っていないのです。

このような状態になってしまうと、筋肉量の減少により基礎代謝は大幅に低下していて、カラダは"太りやすい状態"になっているのです。太りやすい状態になっているので、痩せにくくなり、リバウンドしやすい最悪な状態になってしまうのです。

よって炭水化物は減らし過ぎないようにすることが、とても重要なのです。

ダイエットランキング

ダイエットクッキー

マイクロダイエット

青汁

エクササイズマシーン

エステ

運営者情報 お問合せ リンク集

rss

FX入門